血糖値 下げる サプリメント

血糖値を下げる薬について 

血糖値が高い際、病院を受診すると血糖値を下げる薬が処方される事があります。この薬はどのような薬なのでしょう。血糖値を下げる働きがある薬は、「血糖降下薬」と言われています。このような薬を服用することによって、特に糖質の吸収を抑えたりインシュリンの働きを活発にする事がかのうです。血糖値がどのくらい高いかで処方される薬は違ってきますが、簡単に分けると4つに分類されます。血糖値が上がるのを抑制する薬で「α−グルコシダーゼ阻害薬」があるます。この薬は、食事の前に飲む薬で、食事をしたことで摂った糖の吸収速度を遅くすることで食事の後に血糖値が上がるのを抑制してくれます。インシュリンの働きを促す薬ではインスリン抵抗性改善薬があります。インシュリンの働きが活動的になり血糖値を下げる働きが望めます。インシュリンそのものの分泌を抑制する薬では、スルフォニル尿素薬があります。非常に効果的ですが、長期的に飲むとあまり効かなくなるので長期に服用するのはお勧めしません。ビグアナイド薬は、血糖値には直には働きかけませんが、食欲抑制効果があります。このことで過食からの血糖値の上昇を抑制することが出来ます。血糖値を下げる薬はあくまで補助としての治療なので、糖尿病の治療などをするには一緒に食生活の改善や適度な運動を行う事が大事です。医師から勧められた治療法をきちんと行う事が大事です。