血糖値 下げる サプリメント

血糖値を下げるサプリメントはどんなもの?

最近の日本人は、戦後から食事の内容が欧米化していることから、色々な生活習慣病を背負うようになってきました。

 

血糖値が高くなることで生じる糖尿病も生活習慣病の一つで、これによって血糖値を下げる作用をするサプリメント、お茶などがどんどん誕生してきています。

 

「血糖値が高い方へ」などといったフレーズの商品も良く見かけるのではないでyそうか。このような血糖値を下げるサプリメントも、たくさんの種類が存在します。サプリメントは薬とは異なり補助食品にあたります。

 

食事などで足りていない栄養素を補給することによって効果がみられるものですが、サプリメントのみを飲むだけで良いのではなく、バランスの取れた食事や適度な運動も大切なのでサプリメントに任せっきりにならないように意識しましょう。

 

血糖値を下げる働きのあるサプリメントは、大きく分けて3種類に分けられます。血糖値が上がるのを抑制する働きがある物、血糖値を下げやすくする働きがあるもの、糖分の吸収を抑制する働きがあるものです。

 

このサプリメントの種類には飲むと効果的なタイミングも違ってくるので、きちんとチェックしてから飲むようにしましょう。

 

このようなサプリメントは自身に適したものを選択し、正確な飲み方を行う事で効果がいかに出るかが違ってきます。サプリメントを購入する時にはきちんとその成分と効果をチェックすると良いでしょう。

 

他にも、サプリメントは1回飲んだだけでは効果はわかりませんので、続けることが大事です。選んで飲む際には、これなら続けられそう、と思ったものにすると良いかもしれません。

 

血糖値を下げる人気サプリメントランキング

白井田七

あの田七人参に含まれている主な成分であるサポニンが、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを増やす働きを持つ他、免疫力のアップ、疲労回復、精力増強させるなどの働きも見込めるサプリメントになっています。

 

サポニンの効能は、高麗人参と比較するとおよそ7倍の効果があるそうです。

 

世界でも国際有機認証を得ているサプリメントになっているので、期待出来ますね。血糖値が上がって困っていた方も、白井田七を飲んでから血糖値が下がって嬉しいとの声が多く届いており、いかに白井田七の効果が凄いかがわかりますね。

 

▼白井田七の公式サイトはこちら▼

 

高麗紅人参粉末

高麗人参を収穫した後の加工方法の違いから誕生した紅参の力から、日々の健康を助けてくれるサプリメントです。単なる高麗人参以上にたくさんの種類のサポニンがたっぷりと配合されており、体に色々な効果を生み出します。

 

この高麗紅人参は、栄養がたっぷりと含まれた土壌から栽培されているので、栄養価が非常に高く、トップクラスの高麗紅人参です。畑と工場を統一して行っており、必要以上に費用をかけないため、お手頃価格で購入が可能になりました。

 

サラシアプレミアム

サラシアプレミアムは、デチンムル科に分けられる植物サラキア属の植物のサラシアの成分から、血糖値やγGTPの低下、便秘の解消、ダイエット、善玉コレステロールを増やす、高血圧対策など、色々な効果が見込めるサプリメントです。

 

サラシアは糖を分解する酵素の「α−グルコシダーゼ」を防ぐ効果があり、このことから体の中に取り込まれたオリゴ糖がブドウ糖に分解されない状態で腸に行き届くため、乳酸菌を活発にして腸内環境を正常化してくれます。


血糖値が高い原因

食事の後には血糖値が上昇しますが、それ以外でも血糖値が上昇することもあります。血糖値が上昇する原因にはたくさんの原因がありますが、特に多い原因に、遺伝や肥満、食生活、ストレス、運動不足や寝不足、喫煙、飲酒などがあります。

 

遺伝は良心が糖尿病の際に候補としてあげられます。その他の原因は健康に悪影響を与えるもので他にも色々な健康障害や病を生じさせる原因となるので、普通の生活から気をつける必要があります。

 

日本人は古くから高血糖の人はさほど多くなかったのですが、戦後から突然増加しました。それには食事が欧米化していることに原因があります。食事の内容や野菜や魚が主だったものが変化し、肉や油をたくさん用いる、カロリーが高いものに変化しました。

 

そのため、体の中の血糖が増え、インシュリンはそれを低下させるために働着ますが、このような食生活が継続することでインシュリンの分泌が追いつかなくなってしまいます。他にも、インシュリンはホルモンの仲間ですがこのインシュリンが作用しないと血糖は血液の中に蓄積し、エネルギーとしても消費されなくなってしまいます。

 

他にもインシュリンが豊富にあっても、インシュリン抵抗性がある際には血液の中に血糖とインシュリンが豊富な状態になってしまいます。血糖値はお腹が空いている時や運動している時にも低下するので、運動不足でいると血糖値が上昇していしまいます。

 

血糖値が上昇している状態は色々な病の原因となってしまうので、とても恐ろしいです。血糖値が上昇しないようにするには、日常生活を見直して改める事が大事になります。

 


血糖値

血液の中に存在するブドウ糖のことを、「血糖」と言い、その血糖の値を血糖値と呼びます。

 

血糖は、血糖を低下させる働きを持つインスリンと、血糖を上昇する働きがあるグルカゴンによりバランスが整えられているので、普通は一定の濃度で維持されていますが、インスリンの作用が衰えると血糖が上昇することになります。

 

血糖を低下させる事が可能なのはインスリンのみです。血糖値は糖尿病か否かを調べるために必要な指標で、血糖値が基準値を超える値になると高血糖、血糖値が基準の値を下回ると低血糖となります。血糖値はブドウ糖になる炭水化物を摂取することで上がるので、食事の後は血糖値があがります。

 

なので血糖値を測る際には前日の夕食の後の食事は一切せず、朝一番の何も口にしていない状態で血液を採り、自動分別器にかけて測ります。

 

他にも、血糖値は整脈血、動脈血、毛細血管など、採る血液により違ってきます。病院などの医療機関で血糖値を調べる際は血糖値が少なめの静脈血を使用するので、糖尿病の人が自己管理用に用いる自己血糖測定システムで測る値よりも比較的少なめになります。

 

血糖値が高すぎると糖尿病や肝炎などの色々な重い病の危険性が高まりますし、反対に血糖値が低すぎると低血糖となり、たくさんの冷や汗やめまいなどが生じ、最悪のケースになると命を落としてしまいます。血糖値は高すぎず低すぎず、いつも基準の範囲内にある事が重要です。

 


血糖値の正常・平均的な値

血糖値が高いか低いかを判断するモノサシとなるのが、血糖値の基準の値です。血糖値に問題が無い人の血糖値は基準値内です。

 

この基準値を把握していないと、血糖値を計測してもその値が果たして高いのか低いのか、もしくは正常値なのか判断できません。なので基準値はきちんと把握する事が大事です。

 

血糖値とは、主に炭水化物などを摂取した後に大幅に上がるので、食後の2時間の血糖値と、食後8時間〜12時間以上何も食べていない状態が続いた空腹時の血液の血糖値を測らなければなりません。空腹時の血糖値の基準は70〜109mg/dlであり、食後の2時間の血糖値の基準は140mg/dl未満が正常値です。

 

比べてみるとおよそ2倍もの差があるのがわかりますが、このように食事の後には血糖値が上昇するのです。

 

ちなみに、この血糖値は食べる食材によってかなりの変化が出ます。普通は空腹時の血糖値を測るのですが、もしも糖尿病を患っている場合は、食事の後の血糖値が異常に上がってしまうので、この2回の検査を行わなければなりません。

 

健康診断などがある時は朝食を食べないで来てくださいとされているのも、これが理由です。ちなみに、この正常値と定められている数字は、検査する施設によっても多少の違いは出てくることがあります。

 

血糖値の基準値を把握していなくとも、病院ではその人に合った治療などを行ってくれますが、高血糖や低血糖の自覚症状がない時は、この数字を思い出して、自身の血糖値がどの程度異常であるかをきちんと知っておくと、それからの対策もきちんと積極的に出来ると思います。


更新履歴